仕事でリーダーを任されたけど向いてない!?みんなから愛されるリーダーに必要な3つの特徴

仕事でリーダーを任されたけど向いてない!?みんなから愛されるリーダーに必要な3つの特徴


仕事でリーダーを任されたけど私には向いてない・・・
リーダーってどう振る舞うのが正解?
とお悩みではないですか?

仕事で初めてリーダーを任された人は、最初はリーダーとしてどのように振る舞えばいいのかと考えることも多いと思います。

リーダーのポジションを任されたからには、しっかりと責任を果たしたい。
できれば誰からも頼られるリーダーになりたい。
ですよね?

でもやり方を間違えると、誰も付いてこないし結果も出せない、という最悪の事態に陥ってしまうことになります!

そのようなことを避ける為にも、今回は、みんなから愛されるリーダーに必要な3つの特徴と、陥りがちな3つの落とし穴について書いてみたいと思います。


「私はリーダーに向いてない」と考える人が陥る3つの落とし穴


ここでは自分はリーダーに向いていないと考える人がよく陥りがちな3つの落とし穴を紹介していきます。


その①「リーダーなんだから〇〇しなくちゃ」を元に言動する。


例えば、以下に挙げた言動をしている場合は、要注意。

  • 「〇〇なんだから、〇〇してくれなくては困る」が口癖になっている
  • 最近、ランチは顧客や自分の上司とばかりしている

リーダーになった途端、今までのあなたとやっていることや言っていることが全く違う。そんな風になってしまう人がいます。

このような行動が目立つと、メンバーからの信頼を得ることは難しいです。信頼を得られないと、チームメンバーが指示に従わない、皆が勝手に物事を進めてしまう、挙句の果てにはチームとしてのまとまりもなくなってしまう、といった事態に陥ってしまいます。


  • リーダーなんだから、皆を引っ張らなくちゃ。
  • リーダーなんだから、今までよりも結果を出さなくちゃ。
  • リーダーなんだから、皆を指導しなくては。
  • リーダーなんだから〇〇しなくちゃ。

そんな想いが強すぎて、あなたの良さやあなたらしさがなくなってしまわないように注意が必要です。


その② 分からないことでも引き受けてしまう。何でもかんでもやろうとする 。


リーダーだからなんでも知っていないといけない、なんでも一番よくできなくてはいけない、と思っていませんか?

完璧にやろうとしすぎるあまりに、必要以上にメンバーや部下の実務に手を出していませんか?

それもメンバーの信頼をなくす原因になります。



なんでも自分でやろうとして、仕事を抱えてしまう。その結果、本当にあなたが判断や決断をしないといけない、肝心なことが後手後手になってしまう。又自分一人では結局手が回らず、もう間に合わないかも!というギリギリの段階になってからメンバーに仕事を振ったり、回したり。

それではメンバーの信頼を得るどころか、仕事自体もうまく進まず、お客様に迷惑をかけてしまうことにもなりかねません。絶対に避けたい状況です。


その③ メンバーに上手に指示や依頼が出せない。


リーダーは上の立場だからと、変に上から目線で指示や依頼をしている、ということはないですか?

逆に「リーダーだからって偉そうに」と思われたくないからと、変に遠慮しすぎて指示(または依頼)が出せない、ということはないですか?



誰だって、上から押し付けられるように言われたら、気持ちよく取り組めません。こちらとしてももちろんメンバーには快く動いてもらいたい。

でもだからと言っていつも本人の気持ちを優先ばかりしてはいられません。

仕事ですから本人の気持ちがどうあれ、やってもらわないといけないことや、あえて言わなくてはならない、というような場面もあります。

適切に指示や依頼が出せていないと、そのこと自体がリーダーへの不信感へとつながります。

挙句の果てには、メンバーが辞めてしまうといった事態に陥ってしまうことも。



ここまで紹介した事項に思い当たるものはありましたか??

もし当てはまるものがあった方は、今すぐにでも行動を変えてみましょう。

では何をすればいいのか?


次に、メンバーがついていきたいと思うリーダーの特徴について解説します。


メンバーがついていきたいと考えるリーダーの3つの特徴


仕事でリーダーを任されたけど向いてない!?みんなから愛されるリーダーに必要な3つの特徴



メンバーがついていきたいと考えるリーダーの特徴には共通点があります。

もし、あなたがここまで読んで「自分はリーダーに向いていない」と落ち込んでしまっていても大丈夫。

今から紹介する特徴を意識することで、みんなから愛されるリーダーに近づけますので是非ご覧ください。


特徴①よく観察している。



リーダーにとって、仕事を共に進めるメンバーはとても大事な存在ですよね?

メンバーは、ただ仕事をこなすロボットではありません。
私たち人間には心があり、そして常に変化しています。

メンバーの変化に敏感になる。

  • 作業に困っているメンバーがいないか
  • 体調がすぐれない人はいないか
  • この人はどんな言葉にどんな反応をするのか 等。

大事なことは仕事を共にしているメンバーの小さな変化に敏感でいることです。

変化に気づけば、気遣いのある一言もかけられるし、してもらった仕事には感謝の言葉を伝えることもできます。

そうすればメンバーのモチベーションも格段に上がります。軌道修正も早めにできます。

全てはリーダーが小さな変化に気づけるかどうか、にかかっていると言えます。


特徴② オンとオフの両方を大事にしている


愛されるリーダーは仕事だけでなくオフの時間も大切にしています。

しかも自分自身のだけでなく、メンバーのも、です。


例えば。

自分ばかりが休みを取って、メンバーの休みは気にしない。それではメンバーの不満は募って当たり前。

逆にメンバーに強制はしないが、自分は夜中まで連日仕事をしまくる。それも結局はメンバーが休みを取りにくい状況を作ってしまいます。

それに髪を振り乱して仕事ばかりして、何の楽しみもなさそうなリーダーを見て、メンバーはこの職場で長く働いていきたい、この人と一緒に仕事をしたい、この人のようになりたい、と思うでしょうか?

リーダー自身がオンとオフの両方をいきいきと満喫している姿を見せること。そしてメンバーがオンもオフも充実した時間を過ごせているかに気を配ること。

どちらも大切なことです。

特徴③ 判断軸がしっかりしていて、決断できる。


リーダーに求められる一番大事な要素ではないでしょうか。

チームで何かに向かって進む時、リーダーが方向を決められないようであれば、チーム全体が前に進めなくなります。

大事なことは、あなたがしっかりとした軸を持って方向を示せることです。

意見が分かれた時、物事の重要な決断を迫られた時に、判断を下すこともリーダーの大事な役割です。

間違ったとしても、後で軌道修正したら良いのです。

それもリーダーとして、あなたにとって良い経験となるはず。

大事なことは、メンバーを迷わせないこと、不安にさせないことです。


リーダー=みんなを引っ張るは間違い!それは何故?

ここまでリーダーとしてみんなに愛される3つの特徴を解説してきました。

よくあるのが、リーダーはみんなを引っ張る人だと思いこんでいること。

これ、実は間違いです。

リーダーに必要なことは、「メンバーをサポートし、メンバーの力を最大限に引き出すこと」。

メンバーを信じて仕事を任せる
困っているメンバーがいないかキャッチする。いれば、フォローができる体制を作る
困った時には方向を示し、メンバーが自分の力で前へ進めるよう助ける


いかがですか?
上記の要素には何も引っ張るといったことはありませんよね?

縁の下の力持ちという言葉がありますが、全面に出て何かを引っ張るのではなく、メンバーが気持ちよく、最大限に力を発揮できる環境を整えることが今の時代、真のリーダーに求められることであると言えます。


リーダー力をつけたいと考えるあなたに伝えたいこと


仕事でリーダーを任されたけど向いてない!?みんなから愛されるリーダーに必要な3つの特徴



メンバーの力を最大限に引き出せるようなリーダー力を身につけたいあなたに伝えたいことがあります。


それは、リーダーとは楽しく、しかもやりがいを持ってできる役割だ、ということ。

リーダーが仕事を楽しんでやっていなければ、メンバーは仕事を楽しむことはできません。

リーダーという役割を楽しみつつ、周りにも生き生きと働いてもらうことで、チームの結束力も高まり、作業のスピードや質を上げることができます。


ウーマンワークシーンでは、
このようなリーダー力を身につけたい方に向けた「がんばらないリーダーシップ講座」と題したセミナー講座を開催しております。

この講座ではリーダー力を高めるだけでなく、自分らしくリーダーシップを発揮する方法や、女性の方であれば、女性ならではの悩みの解決方法を知ることが可能となっています。

是非リーダー力を高めたい、自分らしいリーダーシップを身につけ発揮したいという方は、お待ちしております。


まとめ



リーダーとは、みんなから頼られる存在である一方、リーダーとしての在り方を間違えると、メンバーから信頼されずチームがばらばらになったり、メンバーが辞めてしまったりと、チームとして最悪の状況に陥ってしまいます。

そうならないためにも、観察する、オンとオフの両方を大事にする、物事の決断ができるようになることで、周りからも頼られ、愛されるリーダーになることができます。


もうひとつ大事なことは、あなた自身がリーダーという責任あるポジションを楽しんでいるか、ということ。

リーダーが楽しんでいると、チームの雰囲気も良いものに変わり、底力が出てきます。


当コンサルティングで行っている「がんばらないリーダーシップ講座」では、そんなリーダー業を楽しんで、かつチームの底力を引き出す秘訣を沢山お伝えしていますので、気になった方は、是非お問合せ下さいね。

> がんばらないリーダーシップ講座はこちらをご覧ください。





【この記事を書いている人】

松村亜木(キャリアコンサルタント)

キャリア支援の個別サポート、企業支援を関西中心に提供中。
保有資格は、「厚生労働省認定国家資格 キャリアコンサルタント」「米国CCE.Inc認定 GCDF-Japan キャリアカウンセラー」「キャリアトランプ®資格認定講師」など多数保有。
>> 詳しいプロフィールはこちら

松村亜木(キャリアコンサルタント)